透明性に関する取り組み

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社の企業活動と医療機関等との関係の
透明性に関する取り組み

私たちは、「深刻な病気を抱える患者さんを助けるための革新的な医薬品を開発し、提供すること」をミッションとして、日々活動に取り組んでおります。
このミッションを実現するため、医薬品の開発から製造、そして販売後の情報収集活動に至る様々な活動において、研究機関や医療機関・医療従事者の方々と密接に協力していくことが必要となります。そうした活動を実行していく際に、医療機関等に対価等の金銭的支払いが生じる場合もございます。製薬企業が、医療機関等との連携と金銭的支払いの透明性を確保し、公開していくことは、医学・薬学の研究、実用化および適正使用の普及において製薬企業が担う役割と活動を広くご理解いただく上で、重要であると考えております。
2011年1月に日本製薬工業協会により「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」が策定されたことを受けて、本協会の会員会社である当社においても、医療機関等との関係の透明性に関する指針を策定しました。本指針に従い、前年度に発生した、研究開発費、学術研究助成費、原稿執筆料、情報提供関連費等に関する医療機関、医療担当者に対する支払いを、弊社ホームページにて公開しています

日本製薬工業協会

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社の指針

企業活動と医療機関等との関係の透明性ガイドライン(PDF・148KB)

  • ※このページのPDFファイルは、ご覧いただくブラウザ環境によって正しく表示できない場合がございます。あらかじめご了承ください。