ダイバーシティ~多様性のある社風

ブリストル・マイヤーズ スクイブはダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいます。性別や国籍、年齢だけでなく、それぞれの価値観や考え方、性格といった内面の違いや多様性を受け入れ、一人ひとりの人材を活かすことを目指しています。企業にとって人材こそが最大の財産であり、多様な従業員が存在することで、様々な顧客ニーズに貢献できると考えているからです。

より良く、より柔軟に、より多様性ある企業へ。

  • 性差による障壁を取り除く:
    出産や育児などのライフイベントを乗り越え、性別に関わりなく活躍できる環境を整えています。
  • 年齢による障壁を取り除く:
    若年層従業員の早期育成や、シニア従業員の活躍の場を広げる施策、シニアの知見・能力を活用するための定年後再雇用プログラムを推進しています。
  • 部門間の壁を取り除く:
    部門間を異動しながら経験を積み、キャリア形成を行うための支援を行っています。

ダイバーシティ活動への具体的取り組み

取り組み① ジョブチャレンジ制度

部門間異動をしながら経験を積むキャリアパスを推奨する制度と、それらを支援する教育プログラムやツールの導入。

取り組み② ライフイベント(出産・育児)との両立支援

出産・育児による休職後に職場復帰をし、長く働きつづけさらにパフォーマンスを発揮できるための必要なサポートを構築。(詳しくはこちら

取り組み③ 女性管理職へのサポート

女性が管理職になるために必要なサポート、また管理職になった後も引き続きパフォーマンスを発揮するために必要なサポートを構築する。

取り組み④ 介護との両立支援

家族の介護や看病を必要とする社員が、長く働き続けパフォーマンスを発揮できるための必要なサポートの構築。(詳しくはこちら