キャリア開発制度

みなさんは、「キャリア」と聞いてどんなイメージを思いうかべるでしょうか?「キャリア」という言葉は、良く耳にする言葉ですが、定義しようとすると難しい言葉でもあります。ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社では「キャリアとは生涯にわたる仕事の経歴」と定義します。人の一生を通じての職業生活のことです。人生において、仕事は重要な意味を持ちます。そこで、キャリアをさらに広く「生涯を通じてその人の生き方、表現の仕方」と言うこともできます。

キャリアは、過去の経歴ではなく、現在から将来へと発達させていくものです。そして、仕事の中で何を学び、何を身につけるかという能力の開発が非常に重要になっています。つまり、仕事をすることで培われる能力、および次の仕事をするために獲得する能力という能力開発がキャリアの非常に重要な要素であるということができます。昇進・昇格をする、昇進・昇格をする、あるいは異動をするということは、あくまでもけかであり、その前に能力を高めるための努力が必要です。

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社では、全社員が①自らのキャリアを真剣に考え②実現するためには何が必要かを理解し③実現を支援するために必要な情報やツールを提供する「キャリア☆なび」の開設をはじめ、「キャリアダイアログ」「ジョブチャレンジング」などの制度を設け、プロフェッショナルとしてのキャリアを構築する考え方と方法を伝えています。