2.ALLの症状

ALLの症状は、主に①白血病細胞が骨髄中で増殖し、②正常な血液細胞が減少することにより生じます。またALLでは、白血病細胞が脳や脊髄などの中枢神経に浸潤しやすく、頭痛や吐き気などの症状が現れることもあります。

ALLの主な症状

正常な血液細胞を産生できないことによる症状 正常な白血球減少 感染症が起こりやすく治りにくい
赤血球減少 貧血による症状
血小板減少 出血しやすく止まりにくい
白血病細胞が増えたことによる症状 骨や関節の痛み
発熱・微熱
全身倦怠感 
・リンパ節、肝臓や脾臓の腫れ
・神経症状、頭痛、吐き気
  • 【参考文献】
  • 日野原重明,井村裕夫 監:看護のための最新医学講座9 血液・造血器疾患,第2版,中山書店,2006.

わからないことや気になることがある場合は、医師や看護師、薬剤師に相談しましょう。

ページトップへ