血液関連

芽球

もっとも幼若な骨髄系の細胞。正常な状態では血液中には流れ出さず骨髄中にありますが、白血病になると、芽球が血液中に流れ出すようになります。

巨核球

血小板のもとになる、極めて大型の細胞です。

巨核球

骨髄

骨は中心部が空洞になっており、この空洞に詰まっているスポンジ状の組織を骨髄と呼びます。骨髄は骨髄液で満たされており、骨髄液中では、白血球、赤血球、血小板などの血液細胞が作られています。造血はすべての部位の骨髄ではなく、成人では、腸骨(骨盤の骨)、椎骨、胸骨などで行われています。

有核細胞

内部に核をもつ細胞。白血球(好中球、好酸球、好塩基球)、リンパ球、単球、赤芽球、造血幹細胞、造血前駆細胞は有核細胞です。有核細胞でない代表的な血球は赤血球です。

わからないことや気になることがある場合は、医師や看護師、薬剤師に相談しましょう。

ページトップへ