このサイトについて
  • 「がんになって改めて知った、走ることの意味」
  • がんと向きあう こころの灯
  • いのちの輝き・3人のあなたへの手紙
  • 大腸がんと生きる仲間たち
  • 大腸がん撲滅のための活動
  • 癒しの音楽紀行
  • 知りたいこと別リンク集
「がんになって改めて知った、走ることの意味」(2)NEW

テレビ・ラジオで放送される駅伝やマラソンの解説者としてもおなじみの金哲彦さん。その体に大腸がんが発見されたのは、金さんが42歳のときでした。 それから5年、今でも現役のランナーとして走り続ける金さんは、どのようにして病を乗り越えてきたのか。また、金さんにとって走ることの意味とは何か。じっくり語っていただきました。

詳しくはこちら

-

がんと向きあうこころの灯

がんの種類にかかわらず、多くのがん患者さんは不安な気持ちを抱え、こころを痛めてしまいます。そのような患者さんのこころに寄り添い、悩みや苦しみを和らげるアドバイスを、こころの専門医からいただきました。ひとりで悩まずに、痛めたこころを癒しに訪れてみてください。

詳細はこちら
こころの灯

いのちの輝き

いのちの輝き 井上冬彦氏は消化器内科医でありながら、もう20年以上もアフリカ・サバンナの大地を撮り続けている動物写真家でもあります。医師の視点からだけではなく、過酷なサバンナの大自然の中で感じた「いのちの輝き」を、井上氏が自ら選んだサバンナの動物たちの写真に託して、大腸がんと生きる患者さんへお届けするメッセージです。

詳しくはこちら

大腸がんと生きる仲間たち

「大腸がんと生きる仲間たち」では、大腸がんを経験し、今は充実した日々を送っている仲間の体験談を紹介しています。不安や悩みで苦しんだ日々、そして前向きな気持ちで大腸がんと向き合うまでの様々な道のり。大腸がんと生きる仲間の生の声をお届けします。

Vol.01
Vol.02
Vol.03

大腸がん撲滅のための活動

大腸がん撲滅のための活動

“BRAVE CIRCLE(ブレイブサークル)” 大腸がん撲滅キャンペーンの活動について 、ご紹介します。

詳しくはこちら

癒しの音楽紀行

癒しの音楽紀行

自然派サックス奏者であり、大腸がんを「元気に生きる」仲間の一人でもある苫米地義久さんが、「音楽紀行」シリーズで訪れた各地の想い出と、大腸がんの経験を語ります。

詳しくはこちら