大腸がんを生きる仲間

がんと向きあう こころの灯

 現代においては、がんは不治の病ではありません。日本人の二人に一人が罹るといわれる、慢性疾患のひとつです。しかし、がんが命を脅かす病気であることに変わりはありません。
 多くの患者さんは、がんに罹ったことでこころの不安を覚えます。がんの種類や治療法、患者さんの年齢や性別によって、病状はさまざまです。しかし、多少の個人差はあるものの、がんに罹った患者さんのこころは痛み、不安で揺れ動きながら同じような道をたどっていきます。ここでは患者さんのこころがたどる道について、そして明かりを灯して道案内をしてくれるこころの専門医からのアドバイスについて、ご紹介していきます。


がん患者さんのこころ
1. がんに出会ったあなたのこころが歩む道
2. サイコオンコロジーという医療ができること
こころの専門医からのアドバイス
1. 診断を受けたとき
2. 治療を前にしたとき
3. 治療終了、経過観察中のとき
4. 再発・転移の診断を受けたとき
5. 再発・転移の治療を前にしたとき
監修:内富庸介(うちとみ ようすけ)先生 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経制御学講座(精神神経病態学)教授
Profile
1959年
山口県生まれ
1984年
広島大学医学部卒業
1991年
米国スローンケタリングがんセンター記念病院で、がん患者の精神的ケアについて研修
1993年
広島大学医学部神経精神医学教室
1995年
国立がんセンター研究所支所 精神腫瘍学研究部の創設にかかわる
1996年
同部長
2005年
改組により国立がんセンター 東病院臨床開発センター 精神腫瘍学開発部長
2010年
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経制御学講座(精神神経病態学)教授

専門分野は、がんの診断後に生じる落ち込みや不安のケア。2006年国際サイコオンコロジー学会より、Bernard Fox記念賞受賞。日本サイコオンコロジー学会理事長。わが国のサイコオンコロジー研究の草分け的存在。 国内外の専門雑誌への投稿多数、著書に『がんと心』(岸本葉子 共著:晶文社、文春文庫)など。