大腸がんを生きる仲間

がんと向きあう こころの灯

こころの専門医からのアドバイス
2. 治療を前にしたとき

Q

治療がうまくいくか不安で、担当医に説明してもらいたいのですが言い出せません。

A

がんという病気をよく知ることや、治療方法の特徴や手順を理解することは、不安な気持ちを和らげるうえでも効果があります。現代ではがんに関するさまざまな情報がありますが、患者さんの病状について分かっている担当医からの説明が、何より患者さんの不安を解消してくれるはずです。

しかし、私たち日本人は質問がうまくできないことが多いのです。一方で、医師の方も研修などを通して患者さんが質問しやすくする技術を身につける努力をしていますが、まだ難しい面もあるのが現状です。対策としては、聞きたいことをあらかじめメモしておき、診察の時に読み上げたり医師に見せたり、時には看護師に聞いてみるのもよいでしょう。

ただし、どうしても担当医との相性が悪い場合は、セカンドオピニオンを求めるのもひとつの方法だと思います。

Q

医師の説明を聞いたうえで、治療方法を選択しなければならないのでしょうか。

A

初めてがんの治療を受ける場合、現在では、がんの種類ごとに「標準治療」といって科学的に効果が証明された治療法が定められていることが多いため、患者さんが治療方法を選択するという負担はかなり軽くなっています。しかし、ご自分の病気を理解することは将来の不安を軽くするためにも必要なので、担当医に尋ねてみることは大切です。分からない点や、もう一度説明してほしい点などをあらかじめメモしておき、メモを見ながら医師に尋ねたり、メモを見せたりすると効率的に情報が得られると思います。

また、一部の白血病などを除けば治療を急がなければならないことはないので、他の施設や医師のセカンドオピニオンを求めるのもよいでしょう。患者さんご自身で納得して治療に臨むことが好ましいと思います。ただし、セカンドオピニオンはやみくもに担当医や施設を変えるためのものではないこともご理解ください。

Q

同じ病気で痛みに苦しんだ知人を思い出し、怖くてしかたがありません。

A

同じ病気で苦しんだ方が身近におられれば、怖くなるのも当然でしょう。けれども、現在のがん医療は非常に速く進歩しているため、短い間にも以前より効果的な治療方法に変わっていることや、治療経験の蓄積により苦痛への対処方法が考え出されていることもあります。ですから、参考になるとしても半年から1年以内に治療を受けられた患者さんのお話だとお考えください。そして、症状の強さや苦痛の感じ方は患者さんごとに異なることを付け加えておきます。症状について心配なことは、患者さんの病状に一番詳しい担当医や看護師にお伝えになってみてください。