• トップページ
  • 高額療養費の計算方法 - 1.シミュレーションの手順と結果の見方

1.シミュレーションの手順と結果の見方

高額療養費の金額がどのくらいになるのか、高額療養費計算のシミュレーションに取り組んでみましょう。操作の手順は指示にしたがい入力するだけですみます。算出されるポイントは、患者さんの、①1カ月間の医療費の合計金額、②年齢、③収入の3つです。70歳以上と70歳未満かの違い、および所得の多寡(所得区分)によって取扱いが異なり、患者さんごとの自己負担限度額、高額療養費が算出されます。

1ヵ月の自己負担額の合計金額を入力して下さい

円 (数値は半角で入力してください。)

あなたの年齢は?

所得区分を選んでください

■70歳未満の方

所得区分 内容
年収約1,160万円〜の方
  • 健保:
  • 標準報酬月額83万円以上の方
  • 国保:
  • 年間所得901万円超の方
年収約770〜
約1,160万円の方
  • 健保:
  • 標準報酬月額53万円以上83万円未満の方
  • 国保:
  • 年間所得600万円超901万円以下の方
年収約370〜
約770万円の方
  • 健保:
  • 標準報酬月額28万円以上53万円未満の方
  • 国保:
  • 年間所得210万円超600万円以下の方
〜年収約370万円の方
  • 健保:
  • 標準報酬月額28万円未満の方
  • 国保:
  • 年間所得210万円以下の方
住民税非課税の方  

 

自己負担限度額と、高額療養費制度の対象として該当した場合の支給額が表示されます。多数該当の場合は、所得区分によりさらに低い金額になる場合があります。

  • 自己負担限度額は
  • 高額療養費の支給額は

高額療養費

入院などで患者さんが負担した医療費が高額になった場合、一定の金額を超えた部分が患者さんに払い戻される医療費の助成制度のことです。払い戻される金額が高額療養費にあたり、負担する金額が自己負担限度額となります。ただし、かかった医療費は保険適応のものが対象であり、保険外併用療養費や、入院時の食事療養費(食事代)や、そのほかの生活療養費(室温、照明、給水などの費用)の負担額は対象とはなりません。

医療費の合計金額

保険適応の医療費の総額のこと(次項の「領収書の見方」を参照)。保険外の併用療養費、入院時の食事療養費(食事代)や、そのほかの生活療養費(室温、照明、給水などの費用)の負担額などは対象とならないので金額として合算しません。

年齢

高額療養費制度は、患者さんの年齢によって取扱いが区別され、70歳未満と70歳以上では算定方法が異なります。

収入

高額療養費制度は、患者さんの収入の多い少ない(所得区分)よって算定方法が異なります。

所得区分

所得金額によって定められた区分けのことです。70歳未満と70歳以上では区分の取扱いが異なります。

ページトップへ