関節リウマチ(免疫系疾患領域)

関節リウマチとは

関節リウマチは、20歳代から50歳代にかけて多く発祥する原因不明の自己免疫疾患で、手首・足首や手・足の指の関節の腫れと痛み、朝起きたときのこわばりが典型的な初期症状です。
進行すると膝・肘・肩・股関節などの大きな関節にも症状が広がり、痛みや変形のために日常生活に支障をきたすようになります。
関節炎のほかに微熱、全身倦怠感、貧血などの全身症状を伴うこともあります。
抗リウマチ薬、生物学的製剤、炎症を抑える非ステロイド性抗炎症薬、副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬による薬物療法、運動療法、手術などの治療法があります。
専門家のいる病院は日本リウマチ学会の「リウマチ専門医検索サイト」で調べることができます。

  • *参考文献:「整形外科シリーズ 9 関節リウマチ」(日本整形外科学会パンフレット)

関節リウマチに関するくすりの情報

関節リウマチに関するガイドブックのご紹介