心房細動(心血管疾患領域)

心房細動とは

心房細動は、最も一般的な不整脈(不規則な心拍)です。
心房細動における最も医学的に重大な問題の一つは、脳卒中発症リスクが上昇することであり、心房細動の患者は、心房細動のない人と比較して脳卒中発症リスクが5倍に高まります。
また、心房細動を原因とする脳卒中は、その他の原因による脳卒中よりも予後不良となります。
抗血栓薬治療を受けていない患者における心房細動が関連する脳卒中の発症後30日以内の死亡率は24%、1年以内の死亡率は50%と考えられており、その他の原因による脳卒中よりも深刻です。

  • *参考文献:そうだったのか!知っておきたい『心房細動』のはなし(2015年7月)

心房細動に関するくすりの情報

心房細動に関するガイドブックのご紹介