2007年6月29日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社
日本およびアジア・オセアニア地域のバファリンRの商標を売却し
合弁会社を解散する契約を締結

本日、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:アメリカ・ニューヨーク、CEO:ジェームズ・M・コーネリアス)は、日本およびアジア・オセアニア地域(中国などの一部国・地域を除く)におけるバファリンR等の商標をライオン株式会社(本社:東京都墨田区、社長:藤重 貞慶)に売却する契約を締結いたしました。契約条件によると、ライオン株式会社がブリストル・マイヤーズ スクイブ社に支払うことになる取得価額は304億円となります。また別の契約で、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とライオン株式会社は、日本のジョイントベンチャーであるブリストルマイヤーズ・ライオン株式会社を解散させることで合意しました。ブリストルマイヤーズ・ライオン株式会社は、1980年代初頭に設立され、バファリンRの商標下で販売される一般及び医療従事者向けの鎮痛剤を主力製品として取り扱っております。

今回の契約により、ライオン株式会社は日本およびアジア・オセアニア地域(中国などの一部国・地域を除く)のブランド商標権を取得します。同社はまた、マーケティングや戦略企画を含めバファリンR等のブランドを完全に統制いたします。

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社の日本法人であるブリストル・マイヤーズ株式会社は、これらのコンシューマー・ブランド商標の売却と日本のジョイントベンチャーであるブリストルマイヤーズ・ライオン株式会社の解散を通じて、日本における医薬品パイプラインの開発と商品化に一層フォーカスできるようになります。ブリストル・マイヤーズ株式会社は、日本においてがん、HIV、肝炎、関節リウマチなどの重点的疾患領域にフォーカスしながら多数の製品の臨床開発を進めています。

ブリストル・マイヤーズ スクイブは「より長く豊かな人生の実現」をミッションとする医薬品と関連するヘルスケア製品を扱うグローバル企業です。

このプレス・リリースに関するお問合せ先:
〒163-1328
新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
ブリストル・マイヤーズ株式会社
コーポレイト/ビジネス・コミュニケーションズ部門
電話:(03)5323-8314(部門代表)