2008年3月31日
ブリストル・マイヤーズ株式会社
大腸がん患者さんを支援するウェブサイト
「大腸がんを生きる仲間」を開設

大腸がん患者でありサックス奏者の苫米地義久氏が語る癒しの旅エッセイを掲載

ブリストル・マイヤーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:マーク・W・ライト)は、大腸がん患者さんの生活や治療への取り組みを紹介し、患者さんとそのご家族の日常生活に役立つ情報を提供するウェブサイト「大腸がんを生きる仲間」(http://www.bms.co.jp/daichogan/)を、4月1日に開設します。

日本の死因の第1位であるがんの中でも、大腸がんの患者数は増加しており、2001年にはがん患者数の全体の約2割を占める10万人以上が大腸がんであると推定されました。*2020年までには、大腸がんは日本女性のがん死亡原因の第1位、また肺がんに続き男性のがん死亡原因の第2位になることが予想されています。**このように今後も増えることが予想される大腸がん患者さんたちと、その患者さんを取り巻く社会・医療環境を支援するような情報源の必要性が今後いっそう高まります。

この度開設する大腸がん患者さんとそのご家族の方向けウェブサイト「大腸がんを生きる仲間」では主に、ご自身も大腸がん患者であるサックス奏者の苫米地義久氏をはじめ、複数の大腸がん患者さんの生活や大腸がん克服への取り組みを紹介していきます。さらに大腸がん患者さんが知りたい内容や関連サイトを一括して紹介するページを設置するなど、より多くの大腸がん患者さんとそのご家族の方々の生活の質の向上を支援していきます。

近年、患者さんを主体とした医療体制の重要性が高まる一方で、患者さんやそのご家族の方々が、疾患や治療など医療に関する適切な情報を得ることは、それほど容易ではありません。ブリストル・マイヤーズ株式会社は、患者さんのお役に立つ情報を提供し、患者さんが豊かな人生を実現できるよう支援していきます。

ブリストル・マイヤーズ株式会社は、「より長く豊かな人生の実現」をミッションとする、医薬品と関連するヘルスケア 製品を扱うグローバル企業です。

  • *がんの統計2007年(財団法人がん研究振興財団)
  • **がん・統計白書-罹患/死亡/予後(2004)(出版社:篠原出版新社)

<Appendix>

「大腸がんを生きる仲間」ホームページ
http://www.bms.co.jp/daichogan/

「大腸がんを生きる仲間」の主なコンテンツ

1. 大腸がんの仲間たち
大腸がんと共に生き、充実した生活を送っている患者さんへのインタビューをシリーズ化して掲載します。大腸がんの発見から治療までの問題や心の動き、生活向上のために心がけていることなど、大腸がん患者さんの生活や人生観を紹介していきます。

2. 苫米地義久氏のエッセイ「癒しの音楽紀行」
サックス奏者の苫米地義久氏の大腸がん体験記と、日本各地の自然の音を取り入れた環境音楽作りの思い出、自身の音楽とがんと共に生きる生活に対する考え方を掲載します。また、同ページでは苫米地氏が屋久島や宮古島、知床、北アルプス、尾瀬などの日本全国を旅し、心に響く風景をサックスと現地の自然音で描いたCDのプレゼント企画をご用意しています。

3. 知りたいこと別リンク集
大腸がんの疾患情報、患者会の情報、オストメイトに関する情報、その他患者さんのお役立ち情報など、大腸がんの患者さんが知りたいこと別にお勧めサイトをまとめ、紹介します。

苫米地義久氏について
1944東京生まれ。作曲家かつサックス奏者。ビクタースタジオエンジニアを経てジャズの演奏を続けつつ、1990年頃より自然派音楽の創作に取り組む。日本全国を旅しながら作るアルバム「音楽紀行シリーズ」は「山中湖」で15作目。「人が元気に優しくなる」を願って音楽活動を続ける。東京ヘブンアーティスト(大道芸)の資格を持ち、街角でのソロ活動も展開している。

このプレス・リリースに関するお問合せ先:
〒163-1328
新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
ブリストル・マイヤーズ株式会社
コーポレイト/ビジネス・コミュニケーションズ部門
電話:(03)5323-8314(部門代表)