2009年11月24日
ウェブサイト「みんなで支えるリウマチのページ『リウマチ Tea room』」を開設

~関節リウマチ患者さんと周囲の方々との理解の輪を広げたい~

ブリストル・マイヤーズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:マーク・W・ライト、以下、ブリストル・マイヤーズ)は本日、関節リウマチ患者さんとそのご家族を支援するウェブサイト「みんなで支えるリウマチのページ『リウマチ Tea room』」(http://www.bms.co.jp/ra/)を開設しました。

関節リウマチは手指や膝、股関節などに慢性炎症が起き、激しい痛みや関節が十分に動かなくなることにより、患者さんのQOLを低下させます。手指の関節に障害が起きると、日常生活でビンのフタがあけられない、蛇口をひねることができないといった困難が生じ、周囲の方々の理解が必要となる疾患です。当社は、患者さんへの情報提供のみならず、周囲で患者さんを支える方々にも関節リウマチという疾患やその治療への理解を深めていただくため、本ウェブサイトを作製いたしました。

また、関節リウマチにおいて専門医による早期診断と適切な治療の必要性が高まる一方で、疾患に関する情報は一般の方々にとって、専門的で理解し難い場合も多いと推測されます。本ウェブサイトでは関節リウマチに関する基本的な情報をわかり易く提供し、より多くの方々にもこの疾患を知っていただくことも目的としています。

関節リウマチとは

関節リウマチは、自己免疫疾患の一つで、関節滑膜を主な病変とする慢性の炎症疾患です。30~50歳の女性に多く見られ、国内では約60~70万人の患者さんがいると推計されています*1)。主な症状は、手足の関節の痛みや腫れで、関節滑膜の炎症が進行・持続すると関節破壊が起こり高度な機能障害に至り、生活の質(QOL)が低下します。

  • *1杉本恒明、矢崎義雄編. 内科学、第9版、朝倉書店、東京、2007.

ブリストル・マイヤーズ株式会社について

ブリストル・マイヤーズ株式会社は、深刻な病気を持つ患者さんを助けるための革新的な医薬品を発見、開発し、提供することを使命とする世界的なバイオファーマ企業です。詳細については、www.bms.co.jpをご覧ください。

同ニュースリリースに関するお問合せ先:
〒163-1328 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
ブリストル・マイヤーズ株式会社
コーポレイト/ビジネス・コミュニケーションズ部門
電話:(03)5323-8314 (部門代表)
ウェブサイト:http://www.bms.co.jp/

「リウマチ Tea room」(http://www.bms.co.jp/ra/)の主なコンテンツ

トップページ

●トップページ

関節リウマチとは

●関節リウマチとは
診断、疾患、治療など、関節リウマチに関して、患者さんとご家族の方々が知っておくべき情報をわかり易く説明しています。専門的な用語には補足説明を付けています。

患者さんと支える人の声

●患者さんと支える人の声
患者さんと身近で支える方々のインタビューを定期的に掲載していきます。関節リウマチに気がついたきっかけ、発症してから励みになったこと、家族の支えなど、患者さんの視点で疾患と生きる生活の様子をご紹介すると共に、身近な方からみて、大事なことや必要なこと、気遣いなど、患者さんを支える方々からのアドバイスも掲載します。

WEBマンガ「おでかけ日和」

●WEBマンガ「おでかけ日和」
患者さんを主人公にした漫画を通じて、患者さんの日常生活を描いていきます。患者さんの暮らしに役立つヒントや、患者さんの周りの人たちのサポート方法など紹介していきます。月2回の更新を予定しています。