2015年
ニュースリリース バックナンバー

  12月 24日
多発性骨髄腫に対するがん免疫療法薬「エロツズマブ」の日本における製造販売承認申請のお知らせ
  12月 21日
経口抗凝固薬FXa阻害剤「エリキュース®錠」(一般名:アピキサバン)の新たな効能・効果承認に関するお知らせ
  12月 18日
関節リウマチ治療薬「オレンシア®」に関する 未治療患者を対象とした国際共同第Ⅲb 相臨床試験 AVERT-2 試験を国内で開始
  12月 18日
エリキュース(一般名:アピキサバン)または従来療法で治療された 深部静脈血栓症(DVT)あるいは肺血栓塞栓症(PE)患者における静脈血栓塞栓症(VTE)の再発または VTE 関連死、および大出血を評価した AMPLIFY 試験の投与開始後早期の時間経過毎の事後解析結果
  12月 17日
オプジーボ®「一般名:ニボルマブ」 切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんに関する効能・効果に係る製造販売承認事項一部変更承認取得
  12月 8日
ブリストル・マイヤーズ スクイブとアッヴィ、「Empliciti」(一般名:エロツズマブ)について、1から3種類の前治療歴を有する多発性骨髄腫患者の治療薬としてFDA承認を取得
  12月 2日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、進行期悪性黒色腫におけるオプジーボ(一般名:ニボルマブ)の薬事関連最新情報を発表
  11月 30日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、オプジーボ(ニボルマブ)について未治療のBRAF野生型の進行期悪性黒色腫患者の単剤療法として米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得したことを発表
  11月 25日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 血管新生抑制の治療歴を有する進行期腎細胞がんの患者において、標準治療に対して優れた全生存期間を示した唯一の治療薬であるオプジーボが米国食品医薬品局(FDA)より承認を取得
  11月 25日
オプジーボ単剤およびオプジーボとヤーボイの併用療法の新たな長期データが進行期悪性黒色腫の全治療ラインにわたる生存ベネフィットを示す
  11月 17日
米国食品医薬品局(FDA) 進行期腎細胞がんを対象としたオプジーボ(ニボルマブ)に関する生物学的製剤承認一部変更申請を優先審査対象として受理
  11月 13日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 根治切除後のステージⅢ悪性黒色腫におけるヤーボイ(イピリムマブ)の術後補助療法が米国食品医薬品局(FDA)より承認を取得
  11月 6日
欧州医薬品庁、治療歴を有する進行期腎細胞がん患者におけるオプジーボ(ニボルマブ)の適応追加の承認申請を受理
  11月 2日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、2015 年度第3四半期業績を発表
  10月 30日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社のオプジーボ(ニボルマブ)が、Prix Galien USA 2015 のベスト・バイオテクノロジー製品賞を受賞
  10月 14日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社のオプジーボ(一般名:ニボルマブ)が、FDAから治療歴を有する切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対する適応拡大の承認を取得し、より多くの患者さんに生存期間の延長を提供
  10月 5日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 BRAF V600野生型の切除不能または転移性悪性黒色腫においてオプジーボ(ニボルマブ)とヤーボイ(イピリムマブ)の併用療法が米国食品医薬品局(FDA)より承認を取得
  10月 2日
新任役員の就任に関するお知らせ
  9月 30日
オプジーボ(一般名:ニボルマブ)、治療歴を有する非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対するCheckMate -057 試験で長期的な生存期間の改善を示す
  9月 29日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 米国食品医薬品局(FDA)に対する未治療の進行期悪性黒色腫患者におけるオプジーボとヤーボイの併用療法に関する最新の申請状況を発表
  9月 28日
オプジーボ(一般名:ニボルマブ)が、治療歴を有する進行期腎細胞がん患者を対象とした第Ⅲ相試験において、標準治療に対して優れた全生存期間を示す
  9月 24日
抗悪性腫瘍剤「タキソール®注射液30mg、100mg」公知申請による胃癌の用法・用量の追加承認について
  9月 17日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社のオプジーボ(ニボルマブ)が米国食品医薬品局より進行期腎細胞がんでブレークスルーセラピー(画期的治療薬)に指定
  9月 14日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社、急性冠症候群(ACS)を最近発症した患者さん、または経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を受けた非弁膜症性心房細動患者さんを対象にエリキュース®(一般名:アピキサバン)の安全性を評価する 第IV相AUGUSTUS試験にて、最初の患者さんを登録
  9月 11日
CheckMate -012 試験の新しい患者群で、進行期非小細胞肺がん患者のファーストライン治療におけるオプジーボとヤーボイの併用療法の最適な投与量を評価
  9月 11日
治療歴を有する肺扁平上皮がん患者に対するオプジーボ(ニボルマブ)の二つの重要な臨床試験のフォローアップデータで持続的な生存ベネフィットが示された
  9月 3日
米国食品医薬品局(FDA) 治療歴を有する非扁平上皮非小細胞肺がん患者を対象としたオプジーボに関する生物学的製剤承認一部変更申請を受理
  8月 31日
ヒト型抗ヒトCTLA-4モノクローナル抗体「ヤーボイ®点滴静注液50mg」新発売
  8月 18日
米国食品医薬品局 オプジーボ(一般名:ニボルマブ)の未治療の進行期悪性黒色腫を対象とした生物学的製剤承認一部変更申請の審査完了の目標期日を延期
  8月 3日
新任役員の就任に関するお知らせ
  7月 28日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、2015年度第2四半期の業績を報告
  7月 28日
欧州医薬品庁(EMA)が、欧州でのオプジーボ(一般名:ニボルマブ)の適応追加に関する並行する2つの承認申請を受理
  7月 22日
オプジーボ(一般名:ニボルマブ)の腎細胞がんを対象とする重要な第III相試験であるCheckMate -025 試験を早期に終了
  7月 22日
欧州委員会がニボルマブ(Nivolumab BMS)を承認
  7月 3日
ヒト型抗ヒトCTLA-4モノクローナル抗体「ヤーボイ®点滴静注液50mg」の根治切除不能な悪性黒色腫を適応とする製造販売承認取得のお知らせ
  6月 22日
欧州委員会が、一次治療および治療歴を有する進行期悪性黒色腫患者の治療薬としてブリストル・マイヤーズ スクイブ社のオプジーボ(一般名:ニボルマブ)を承認 欧州で初めて、そして唯一の承認されたPD-1チェックポイント阻害薬に
  6月 12日
第3b相試験結果の事後解析により予後不良因子を持つ中等度から重度の早期関節リウマチ患者に対するオレンシア®(一般名:アバタセプト)とメトトレキサート(MTX)の併用治療を評価
  6月 9日
New England Journal of Medicine誌に掲載された新たな第III相臨床試験であるELOQUENT-2試験のデータによると、開発段階にあるエロツズマブを多発性骨髄腫の標準治療に追加することで病勢進行リスクが大幅に低下
  6月 5日
オプジーボとYervoyの併用療法およびオプジーボ単剤療法が、未治療の進行期悪性黒色腫患者を対象とした第III相臨床試験(CheckMate -067試験)でYervoy単剤療法よりも優れた無増悪生存期間を示す
  6月 5日
米国食品医薬品局(FDA)が未治療の進行期悪性黒色腫患者を対象としたオプジーボとYervoyの併用療法に関する生物学的製剤承認一部変更申請を受理
  6月 3日
オプジーボ(一般名:ニボルマブ)が、PD-1免疫チェックポイント阻害薬として初めて、重要な第III相臨床試験において治療歴を有する進行期非扁平上皮非小細胞肺がん患者に対して標準治療(ドセタキセル)と比較して全生存期間の延長を示した
  6月 2日
オプジーボが、治療歴を有する肺扁平上皮がんの第III相臨床試験において、標準治療(ドセタキセル)と比較して生存期間の改善を示した
  6月 2日
オプジーボ(一般名:ニボルマブ)の第I/II相臨床試験で、肝細胞がん患者における抗腫瘍活性を、PD-1免疫チェックポイント阻害薬として初めて示す
  5月 26日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 ニボルマブ(オプジーボ、Nivolumab BMS)について治療歴を有する進行期肺扁平上皮がん患者の治療薬としてEUのCHMPから肯定的見解を受ける
  5月 8日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、2015年度第1四半期の業績を報告
  5月 8日
米国食品医薬品局(FDA)オプジーボ (一般名:ニボルマブ) の未治療の進行期悪性黒色腫患者を対象とした生物学的製剤承認一部変更申請を受理
  4月 27日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 オプジーボ(ニボルマブ)について一次治療および治療歴を有する進行期悪性黒色腫患者の治療薬としてEUのCHMPから肯定的見解を受ける
  4月 27日
新規経口抗凝固薬FXa阻害剤「エリキュース®錠」(一般名:アピキサバン)、急性静脈血栓塞栓症患者を対象とした国内第3相試験において海外で実施されたAMPLIFY試験との同様の安全性と有効性を示す
  4月 22日
オプジーボ(一般名:ニボルマブ)とYervoy(一般名:イピリムマブ)の併用療法、未治療の進行期悪性黒色腫患者を対象とした初の無作為化試験でYervoy単剤療法より優れた有効性を示す
  4月 21日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、オプジーボの非扁平上皮非小細胞肺がんを対象とした大規模な第III相試験(CheckMate -057)を早期に終了
  3月 20日
2種類の経口抗ウイルス剤「ダクルインザ®錠60mg」「スンベプラ®カプセル100mg」:経口薬のみによるC型慢性肝炎/代償性肝硬変の治療が日本人で最も多いジェノタイプ1の全ての患者さんで選択肢となる
  3月 17日
抗悪性腫瘍剤「スプリセル®錠20mg、スプリセル®錠50mg」の全例調査に係る承認条件解除のお知らせ
  3月 5日
米国食品医薬品局(FDA)がオプジーボ(一般名:ニボルマブ)を、治療歴を有する転移性肺扁平上皮がんで承認
  3月 3日
米国食品医薬品局(FDA)は、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)について進行期肺扁平上皮がんを適応として、生物学的製剤承認申請(BLA)を受理
  3月 2日
大塚製薬とブリストル・マイヤーズ スクイブ社
がん領域における提携契約の変更のお知らせ
  2月19日
新規経口抗凝固薬FXa阻害剤「エリキュース®錠」(一般名:アピキサバン)に関する静脈血栓塞栓症の治療・再発抑制での国内効能追加承認申請のお知らせ
  2月 3日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、2014年度第4四半期および通年の業績を報告
  1月28日
ブリストル・マイヤーズ スクイブとイーライリリー・アンド・カンパニー、進行固形がんを対象としたオプジーボ(一般名:ニボルマブ)とGalunisertibとの併用療法を検討するための臨床試験で提携
  1月20日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ、5月5日付でジョバンニ・カフォリオ(M.D.)を最高経営責任者(CEO)に指名
ランベルト・アンドレオッティは会長に就任
  1月15日
オプジーボ(一般名:ニボルマブ)の肺扁平上皮がんに対するドセタキセルを対照薬とした2次治療の第Ⅲ相臨床試験(Checkmate-017試験)を早期に終了