2017年6月7日
難治性または再発の悪性胸膜中皮腫患者を対象とした、IFCT-1501 MAPS-2試験でニボルマブ単剤またはイピリムマブとの併用療法による有望な病勢コントロール率が示される

  • ※本資料は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社が発表しましたプレスリリースの日本語訳(抜粋)をご参考までにお届けするものです。内容につきましては原本である英文が優先します。日本での発表日は2017年6月7日です。

(パリ、およびニュージャージー州プリンストン、2017年6月5日)-French Cooperative Thoracic intergroup(IFCT)およびブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、本日、治療歴を有する切除不能の悪性胸膜中皮腫(MPM)患者を対象に、ニボルマブ単剤療法またはニボルマブとイピリムマブの併用療法の安全性および有効性を評価した、IFCT-1501 MAPS-2試験の結果を発表しました。本試験は、IFCTが実施しました。ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、IFCTに対し、ニボルマブおよびイピリムマブならびに研究助成金を提供しました。

本試験の主要評価項目である12週時点の病勢コントロール率は、放射線医の独立委員会による評価として、ニボルマブ単剤療法群で44.4%(95%信頼区間:31.2-57.7%)、ニボルマブとイピリムマブの併用療法群で50%(95%信頼区間:36.7-63.3%)でした。奏効率は、ニボルマブ単剤療法群で18.5%(95%信頼区間:8.2%-28.9%)、ニボルマブとイピリムマブの併用療法群で25.9%(95%信頼区間:14.2-37.6%)でした。全生存期間の中央値は、ニボルマブ単剤療法群で10.4カ月、併用療法群では未達でした。無増悪生存期間は、単剤療法群で4.0カ月、併用療法群で5.6カ月でした。全グレードおよびグレード3~4の毒性の発現率は、ニボルマブ単剤療法群では全グレードが77.8%、グレード3~4が9.5%だったのに対し、併用療法群では全グレードが86.9%、グレード3~4が18%でした。

これらのデータは、米国臨床腫瘍学会(ASCO)において、本日6月5日、午前8時(米国中部夏時間)に記者会見で発表され、午前10:12分~10:24分(米国中部夏時間)に口頭発表されます(抄録番号LBA8507)。

フランスのリール大学病院(CHU)肺胸部腫瘍部門長であり、本試験の治験責任医師であるArnaud Scherpereel(M.D.)は、次のように述べています。「中皮腫患者さんは、他のがん腫に比べ、あまりにも長い間、治療の選択肢が限られた状態に置かれていました。ASCOの2015年度年次総会において発表された過去のIFCT試験の有望な結果では、ベバシズマブを現在の標準治療であるペメトレキセドとシスプラチンの併用療法と併用して投与した場合、中皮腫患者さんの生存期間を延長することが示されました。しかし、同試験の全ての患者さんにおいて、最終的に病勢進行が認められました。ニボルマブの単剤療法またはイピリムマブとの併用療法による有効性および安全性が示されたIFCT-1501 MAPS-2試験の結果は期待の持てるものであり、再発の中皮腫患者さんを対象としたさらなる研究が必要とされています。」

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社の胸部悪性腫瘍担当開発責任者であるNick Botwood(M.D.)は、次のように述べています。「IFCTの研究者の皆さんならびにこの重要な臨床試験に参加してくださった患者さんに感謝申し上げます。過去10年間において悪性胸膜中皮腫の治療法にはほとんど進展がなく、初回の化学療法後に病勢進行した患者さんに関しては、その後の治療の指針となるデータは限られていました。本試験で示されたニボルマブとイピリムマブの併用療法およびニボルマブ単剤療法の有望な病勢コントロール率は、中皮腫におけるがん免疫療法のさらなる研究を後押しするものです。BMSは胸部がん領域の研究に注力し続け、深刻な希少疾患である中皮腫患者さんの予後を改善するべく、中皮腫における免疫療法薬レジメンの可能性を探求していきます。」

IFCT-1501 MAPS-2試験について

MAPS-2試験は、治療歴を有する再発の悪性胸膜中皮腫(MPM)患者を対象に、ニボルマブ単剤療法およびニボルマブとイピリムマブの併用療法を評価した多施設共同無作為化非対照第Ⅱ相臨床試験です。

2016年3月から8月にかけ、患者125例がフランス国内の21施設で組み入れられました。1~2種類の全身化学療法による治療歴を有する適格患者は、次の2群に無作為に割り付けられ、病勢進行または忍容できない毒性が認められるまで投与が継続されました:ニボルマブ(3mg/kgを2週間ごと)単剤療法群、またはニボルマブ(3mg/kgを2週間ごと)とイピリムマブ(1mg/kgを6週間ごと)の併用療法群。

主要評価項目は、病勢コントロール率(DCR)でした。副次的評価項目には、治療に関連する有害事象が発現した被験者数、無増悪生存期間、全生存期間、生活の質(QoL)、腫瘍のPD-L1スコアによる効果予測価値および複数バイオマーカーによる予後予測価値の評価が含まれました。

中皮腫においてがん免疫療法薬を用いる論拠

MPMは、極めて悪性度の高いがん腫です。発症の主な要因はアスベストへの曝露であり、1960年代以降の中皮腫患者数増加の一因となっています(Bertazzi 2005、Goldberg 2006)。中皮腫は、人口全体においては稀な疾患ですが(非曝露人口における罹患率:年間100万人あたり1例未満)、曝露人口においては年間100万人あたり約100例が発症することから、フランスにおける発症率は年間900~1000例となっています(Le Stang 2010、Cherié-Chaline 2012)。中皮腫では、宿主の免疫および炎症応答が重大な役割を持つと考えられています。初期のデータで、PD-1およびCTLA-4阻害薬の併用により、抗腫瘍活性を改善できる可能性が示され、MPM患者において抗PD-1および抗CTLA-4の併用療法を評価するさらなる研究の必要性が示唆されました。

French Cooperative Thoracic intergroup(IFCT)について

IFCTは、胸部腫瘍に特化した独立非営利学術研究組織であり、胸部がん患者さんの生存期間を延長し、生活の質を改善することを目的としています。1999年に設立され、独自の運営基盤を有するIFCTは、フランス国内外において臨床試験をデザイン、推進、実施し、研究成果を発信する体制を備えています。IFCTの活動は、新薬の導入や、抗がん治療の有効性および安全性の向上、また経済的影響の改善につながっており、ひいては患者マネジメントの改善に結びついています。全てのIFCTプロジェクトは、フランス国立がんセンター(National Cancer Institute: INCa)およびフランス対がん連盟(National League Against Cancer)の認定を受けた臨床研究ユニットによって運営されています。

米国FDAが承認したオプジーボ®の適応症

※本項目の内容は米国での承認に際しての情報であり、日本国内には適用されません。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、単剤療法として、BRAF V600変異陽性で切除不能または転移性の悪性黒色腫患者を適応としています。この適応は、無増悪生存期間に基づき、迅速審査により承認されました。この適応の承認の継続条件は、検証試験において臨床的有用性を証明し記載することです。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、単剤療法として、BRAF V600野生型の切除不能または転移性の悪性黒色腫患者を適応としています。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、ヤーボイ®(イピリムマブ)との併用療法として、切除不能または転移性の悪性黒色腫患者を適応としています。この適応は、無増悪生存期間に基づき、迅速審査により承認されました。この適応の承認の継続条件は、検証試験において臨床的有用性を証明し記載することです。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、プラチナ製剤による化学療法での治療中または治療後に進行が認められた進行・再発の非小細胞肺がん患者(NSCLC)を適応としています。EGFR変異またはALK転座を有する患者さんは、オプジーボによる治療の前に、これらの異常に対してFDAが承認した治療を行い、病勢進行が認められた場合に限られます。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、血管新生阻害薬での治療歴を有する進行期腎細胞がん(RCC)患者の治療を適応としています。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、自家造血幹細胞移植(HSCT)およびブレンツキシマブ ベドチンによる治療後、または自家HSCTを含む3種類以上の全身治療後に再発または進行した成人の古典的ホジキンリンパ腫(cHL)を適応としています。この適応は、奏効率に基づき、迅速審査により承認されました。この適応の承認の継続条件は、検証試験において臨床的有用性を証明し記載することです。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、プラチナ製剤による治療中または治療後に病勢進行した再発または転移性頭頸部扁平上皮がん(SCCHN)を適応としています。

オプジーボ®(ニボルマブ)は、プラチナ製剤を含む化学療法による治療中または治療後に進行した、またはプラチナ製剤を含む化学療法による術前または術後補助療法から12カ月以内に進行した、局所進行または転移性尿路上皮がん患者を適応としています。この適応は、奏効率および奏効期間に基づき、迅速審査により承認されました。この適応の承認の継続条件は、検証試験において臨床的有用性を証明し記載することです。

重要な安全性情報

※本項目の内容は米国での承認に際しての情報であり、日本国内には適用されません。

警告:免疫介在性副作用

ヤーボイを使用すると、重度かつ致死的な免疫介在性副作用が起こる可能性があります。このような免疫介在性反応は、どの器官系でも起こり得ますが、最も一般的に見られる重度の免疫介在性副作用は、腸炎、肝炎、皮膚炎(中毒性表皮壊死融解症など)、神経障害および内分泌障害です。これらの免疫介在性反応の大部分は治療中に発現しましたが、ヤーボイ使用中止後、数週間から数カ月経って発現する例も少数見られました。

患者について、ベースライン時と毎回の投与前に、腸炎、皮膚炎、神経障害、および内分泌障害の徴候や症状がないかどうかを評価し、肝機能検査(LFTs)、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)レベル、および甲状腺機能検査を含む生化学検査の評価を行う必要があります。

重度の免疫介在性反応が認められた場合には、ヤーボイを完全に中止し、高用量の副腎皮質ホルモン剤の全身投与を開始する必要があります。

免疫介在性肺臓炎

  • オプジーボの投与により、免疫介在性肺臓炎が発生する可能性があります。致死的な症例が報告されました。患者に肺臓炎の症状がないか、またX線画像で徴候がないかモニターしてください。グレード2以上の重度の肺臓炎については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード3または4の肺臓炎については、投与を完全に中止し、グレード2に回復するまで投与を中断してください。オプジーボの単独療法を受けた患者で、致死的な免疫介在性肺臓炎の症例が発生しました。免疫介在性肺臓炎が3.1%(1994例中61例)で発生しました。オプジーボとヤーボイの併用療法の投与を受けた患者では、免疫介在性肺臓炎が6%(407例中25例)で発生しました。
  • CheckMate 205試験および039試験において、間質性肺疾患を含む肺臓炎がオプジーボ投与群の6.0%(266例中16例)で発生しました。免疫介在性肺臓炎がオプジーボ投与群の4.9%(266例中13例)で発生しました。うちグレード3は1例、グレード2は12例でした。

免疫介在性大腸炎

  • オプジーボの投与により、免疫介在性大腸炎が発生する可能性があります。大腸炎の徴候および症状について、患者をモニターしてください。グレード2(5日間以上持続した場合)、3または4の大腸炎については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。単剤投与の場合、グレード2または3については、投与を中断してください。グレード4またはオプジーボ投与再開に伴う再発性の大腸炎については、オプジーボの投与を完全に中止してください。ヤーボイとの併用療法の場合、グレード2についてはオプジーボとヤーボイの投与を中断し、グレード3または4、あるいは再発性の大腸炎については、オプジーボの投与を完全に中止してください。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、免疫介在性大腸炎が2.9%(1994例中58例)で発生しました。オプジーボとヤーボイとの併用療法を受けた患者で、3例の致死例を含む免疫介在性大腸炎が患者の26%(407例中107例)で発生しました。
  • 異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ3mg/kgの投与を受けた患者において、重度、生命を脅かすもの、あるいは致死的(ベースラインを7回以上上回る下痢、発熱、腸閉塞、腹膜刺激症状、グレード3~5)な免疫介在性腸炎が34例(7%)で発生しました。臨床試験全体(511例)でヤーボイを投与された患者において、5例(1%)で腸穿孔が発生し、4例(0.8%)が合併症で死亡し、26例(5%)が重度の腸炎により入院しました。

免疫介在性肝炎

  • オプジーボの投与により、免疫介在性肝炎が発生する可能性があります。投与前、および投与期間中は定期的に肝機能検査値異常がないかどうかモニターしてください。グレード2以上のトランスアミナーゼ上昇については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード2については投与を中断し、グレード3または4の免疫介在性肝炎については投与を完全に中止してください。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、免疫介在性肝炎が1.8%(1994例中35例)で発生しました。オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者では、免疫介在性肝炎が13%(407例中51例)で発生しました。
  • 異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ3mg/kgの投与を受けた患者において、重度、生命を脅かすもの、あるいは致死的な肝毒性(ASTまたはALTの上昇が基準値上限(ULN)の5倍超、または総ビリルビン上昇がULNの3倍超、グレード3~5)が8例(2%)で発生し、そのうち0.2%が致死的な肝不全であり、0.4%が入院でした。

免疫介在性神経障害

  • 異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ3mg/kgの投与を受けた患者において、致死的なギランバレー症候群が1例、重度(グレード3)の末梢運動神経障害が1例報告されました。

免疫介在性内分泌障害

  • オプジーボの投与により、免疫介在性下垂体炎、免疫介在性副腎機能不全、自己免疫性甲状腺障害、および1型糖尿病が発生する可能性があります。下垂体炎や副腎機能不全の徴候や症状を、投与前および投与期間中は定期的に甲状腺機能を、および高血糖をモニターしてください。臨床的に必要な場合はホルモン補充療法を、グレード2以上の下垂体炎については、副腎皮質ホルモン剤の投与を行ってください。グレード2または3については投与を中断し、グレード4については投与を完全に中止してください。グレード3または4の副腎機能不全については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード2については投与を中断し、グレード3または4については投与を完全に中止してください。甲状腺機能低下症については、ホルモン補充療法を行ってください。甲状腺機能亢進症をコントロールするためには、内科的治療を開始してください。グレード3の高血糖症についてはオプジーボの投与を中断し、グレード4については投与を完全に中止してください。
  • オプジーボの単剤療法を受けた患者で、下垂体炎が0.6%(1994例中12例)で発生しました。オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者では、下垂体炎が9%(407例中36例)で発生しました。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、副腎機能不全が1%(1994例中20例)で発生し、オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者では、副腎機能不全が5%(407例中21例)で発生しました。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、甲状腺機能低下症もしくは甲状腺炎が9%(1994例中171例)で発生しました。甲状腺機能亢進症が、オプジーボの単剤療法を受けた患者の2.7%(1994例中54例)で発生しました。オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者で、甲状腺機能低下症および甲状腺機能低下症につながる甲状腺炎が22%(407例中89例)で発生しました。甲状腺機能亢進症が、オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者の8%(407例中34例)で発生しました。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、糖尿病が0.9%(1994例中17例)で発生し、オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者では、1.5%(407例中6例)で発生しました。
  • 異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ3mg/kgの投与を受けた患者において、重度または生命を脅かす免疫介在性内分泌障害(入院や緊急の医療介入を要するもの、または日常生活に支障を来すもの、グレード3~4)が9例(1.8%)で発生しました。9例すべてに下垂体機能低下症が見られ、一部は、副腎機能不全、性腺機能低下症、甲状腺機能低下症などの内分泌障害を併発していました。9例中6例は、重度の内分泌障害のために入院しました。

免疫介在性腎炎および腎機能障害

  • オプジーボの投与により、免疫介在性腎炎が発生する可能性があります。投与前、および投与期間中は定期的に、血清クレアチニン上昇が見られないかどうかモニターしてください。グレード2~4の血清クレアチニン上昇については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード2または3については投与を中断し、グレード4の血清クレアチニン上昇については投与を完全に中止してください。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、免疫介在性腎炎および腎機能障害が1.2%(1994例中23例)で発生し、オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者では、2.2%(407例中9例)で発生しました。

免疫介在性皮膚関連副作用および皮膚炎

  • オプジーボの投与により、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)および中毒性表皮壊死症(TEN)などの免疫介在性発疹が発生する可能性があり、致死的転帰となる症例もあります。グレード3または4の発疹については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード3の発疹については投与を中断し、グレード4については投与を完全に中止してください。SJSやTENの症状や兆候については、オプジーボの投与を中断し、診断や治療のために特別な治療を行ってください。確認された場合は、完全に投与を中止してください。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、免疫介在性発疹が9%(1994例中171例)で発生し、オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者では22.6%(407例中92例)で発生しました。
  • 異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ3mg/kgの投与を受けた患者において、重度、生命を脅かすもの、あるいは致死的な免疫介在性皮膚炎(例えば、SJS、TEN、および全層皮膚潰瘍、壊死性、水疱性あるいは出血性症状を伴う発疹;グレード3~5)が13例(2.5%)で発生しました。TENによる死亡が1例(0.2%)で発生しました。他に、重度の皮膚炎により、1例が入院しました。

免疫介在性脳炎

  • オプジーボの投与により、免疫介在性脳炎が発生する可能性があります。神経症状の評価には、神経科医の診察、脳MRIおよび腰椎穿刺などが含まれます。中等度から重度の神経疾患の徴候や症状が新たに発現した患者に対しては、オプジーボの投与を中断し、他の原因を排除して評価を行ってください。他の病因が排除された場合は、副腎皮質ホルモン剤を投与し、免疫介在性脳炎に対するオプジーボの投与を完全に中止してください。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、脳炎が0.2%(1994例中3例)で発生しました。致死的な辺縁系脳炎がオプジーボの投与中止および副腎皮質ホルモン剤の投与にかかわらず、投与開始7.2カ月後に1例で発生しました。オプジーボとヤーボイの併用療法を受けた患者で、脳炎が投与開始1.7カ月後に1例(0.2%)で発生しました。

その他の免疫介在性副作用

  • 副作用の重症度に基づき、投与を完全に中止または中断し、高用量の副腎皮質ホルモン剤を投与し、必要に応じてホルモン補充療法を開始してください。オプジーボの臨床試験を通して、オプジーボ投与群の1.0%未満において、以下の臨床的に重大な免疫介在性副作用が発生しました:ぶどう膜炎、虹彩炎、膵炎、顔面および外転神経不全麻痺、脱髄、リウマチ性多発性筋炎、自己免疫性神経障害、ギランバレー症候群、下垂体機能低下症、全身性炎症反応症候群、胃炎、十二指腸炎、サルコイドーシス、組織球性壊死性リンパ節炎(菊池リンパ節炎)、筋炎、心筋炎、横紋筋融解症、運動機能障害、血管炎および筋無力症候群。

インフュージョン・リアクション

  • オプジーボの臨床試験において、患者の1%未満で重度のインフュージョン・リアクションが報告されており、オプジーボの投与により、発生する可能性があります。グレード3または4のインフュージョン・リアクションについては、オプジーボの投与を中止してください。グレード1または2については、中断するか、もしくは投与速度を低下してください。オプジーボの単剤療法を受けた患者で、インフュージョン関連のリアクションが6.4%(1994例中127例)で発生し、オプジーボとヤーボイ併用療法群を受けた患者では2.5%(407例中10例)で発生しました。

オプジーボによる治療後の同種HSCTの合併症

  • オプジーボによる治療後に同種自家造血幹細胞移植(HSCT)を受けた患者において、致死的な事象を含む合併症が発生しました。CheckMate 205試験および039試験から、オプジーボによる治療の中止後に同種HSCTを受けた患者17例(毒性軽減前処置15例、骨髄破壊的前処置2例)の転帰が評価されました。患者の35%(17例中6例)がオプジーボによる治療後の同種HSCTの合併症により死亡しました。重度または再発の移植片対宿主病(GVHD)により、5例が死亡しました。グレード3以上の急性GVHDが患者の29%(17例中5例)で報告されました。超急性GVHDは患者の20%(2例)で報告されました。感染原因が特定されないステロイド投与を必要とする発熱性症候群が患者の35%(6例)で報告されました。脳炎が2例報告され、うち感染原因が特定されないグレード3のリンパ性脳炎が1例、グレード3のウィルス性脳炎の疑いが1例でした。肝静脈閉塞性疾患(VOD)が、毒性軽減前処置による同種HSCTを受けた患者1例で発生し、GVHDおよび多臓器不全により死亡しました。毒性軽減前処置による同種HSCT後の肝VODの他の事象が、移植前にPD-1受容体阻害薬の投与を受けたリンパ腫の患者で報告されています。超急性GVHDによる死亡例も報告されています。これらの合併症は、PD-1阻害薬の投与と同種HSCT間の介入治療にかかわらず発生する可能性があります。
  • 超急性GVHD、重度(グレード3~4)の急性GVHD、ステロイド投与を必要とする発熱性症候群、肝VOD、その他の免疫介在性副作用などの移植に関連した合併症の早期の兆候について、注意して患者の経過観察を行い、速やかに処置してください。

胚・胎児毒性

  • 作用機序に基づき、オプジーボおよびヤーボイは、妊婦に投与すると胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。妊娠中の女性には、胎児へのリスクを説明してください。妊娠の可能性がある女性には、オプジーボまたはヤーボイを含む併用療法の投与を受けている期間、および最後にオプジーボを投与してから少なくとも5カ月間は、効果的な避妊法を用いるよう助言してください。

授乳

  • オプジーボまたはヤーボイの母乳中への移行については確認されていません。抗体を含む多くの薬剤は母乳に移行します。オプジーボを含む治療は、授乳中の乳児に重篤な副作用を引き起こす可能性があるため、治療中は授乳を中止するよう助言してください。ヤーボイでの治療中や最終の投与後3カ月間は授乳を中止するよう助言してください。

重篤な副作用

  • CheckMate 037試験において、オプジーボ投与群(268例)の41%で重篤な副作用が報告されました。グレード3または4の副作用は、オプジーボ投与群の42%で報告されました。オプジーボ投与群の2%以上5%未満で最も多く報告されたグレード3または4の副作用は、腹痛、低ナトリウム血症、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ上昇、リパーゼ上昇でした。CheckMate 066試験において、オプジーボ投与群(206例)の36%で重篤な副作用が報告されました。グレード3または4の副作用は、オプジーボ投与群の41%で報告されました。オプジーボ投与群の2%以上で最も多く報告されたグレード3または4の副作用は、ガンマグルタミルトランスフェラーゼ上昇(3.9%)および下痢(3.4%)でした。CheckMate 067試験において、オプジーボとヤーボイの併用療法群(313例)において、オプジーボ群(313例)と比較して、重篤な副作用(併用療法群73%に対し、オプジーボ群37%)、投与の完全な中止につながった副作用(同43% vs 14%)、投与の遅延(同55% vs 28%)、およびグレード3または4の副作用(同72% vs 44%)がそれぞれでより多く認められました。オプジーボとヤーボイの併用療法群とオプジーボ群で最も多く(10%以上)認められた重篤な副作用は、それぞれ下痢(併用療法群13%に対し、オプジーボ群2.6%)、大腸炎(同10% vs 1.6%)、および発熱(同10% vs 0.6%)でした。CheckMate 017試験および057試験において、オプジーボ投与群(418例)の46%で重篤な副作用が報告されました。2%以上で最も多く報告された重篤な副作用は、肺炎、肺塞栓症、呼吸困難、発熱、胸水、肺臓炎および呼吸不全でした。CheckMate 025試験において、オプジーボ投与群(406例)の47%で重篤な副作用が報告されました。2%以上で最も多く報告された重篤な副作用は、急性腎損傷、胸水、肺炎、下痢、高カルシウム血症でした。CheckMate 205試験および039試験において、投与の中止につながった副作用(7%)および投与の遅延につながった副作用(34%)が報告されました(266例)。重篤な副作用は患者の26%で報告されました。患者の1%以上で最も多く報告された重篤な副作用は、肺炎、インフュージョン・リアクション、発熱、大腸炎もしくは下痢、胸水、肺臓炎および発疹でした。患者11例が病勢進行以外の原因によって死亡し、うち3例がオプジーボの最終投与から30日以内に副作用により、2例がオプジーボの投与終了から8~9カ月後に感染症により、6例が同種HSCTの合併症により死亡しました。CheckMate 141試験において、オプジーボの投与を受けた患者の49%で重篤な副作用が報告されました。オプジーボの投与を受けた患者の2%以上で最も多く報告された重篤な副作用は、肺炎、呼吸困難、呼吸不全、気道感染症および敗血症でした。Checkmate 275試験において、オプジーボの投与を受けた患者(270例)の54%で重篤な副作用が報告されました。オプジーボの投与を受けた患者の2%以上で最も多く報告された重篤な副作用は、尿路感染症、敗血症、下痢、小腸閉塞および全身健康状態低下でした。

一般的な副作用

  • CheckMate 037試験において、オプジーボ投与群(268例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、発疹(21%)でした。CheckMate 066試験において、オプジーボ投与群(206例)とダカルバジン投与群(205例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、疲労(オプジーボ投与群49%に対し、ダカルバジン投与群39%)、筋骨格痛(同32% vs 25%)、発疹(同28% vs 12%)、およびそう痒症(同23% vs 12%)でした。CheckMate 067試験において、オプジーボとヤーボイ併用療法群(313例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、疲労(59%)、発疹(53%)、下痢(52%)、悪心(40%)、発熱(37%)、嘔吐(28%)、呼吸困難(20%)でした。オプジーボ投与群(313例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、疲労(53%)、発疹(40%)、下痢(31%)、悪心(28%)でした。CheckMate 017試験および057試験において、オプジーボ投与群(418例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、疲労、筋骨格痛、咳嗽、呼吸困難、食欲減退でした。CheckMate 025試験において、オプジーボ投与群(406例)とエベロリムス投与群(397例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、無力症(オプジーボ投与群56% vs エベロリムス投与群57%)、咳嗽(同34% vs 38%)、悪心(同28% vs 29%)、発疹(同28% vs 36%)、呼吸困難(同27% vs 31%)、下痢(同25% vs 32%)、便秘(同23% vs 18%)、食欲減退(同23% vs 30%)、背部痛(同21% vs 16%)、関節痛(同20% vs 14%)でした。CheckMate 205試験および039試験において、オプジーボ投与群(266例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、上気道感染症(44%)、疲労(39%)、咳嗽(36%)、下痢(33%)、発熱(29%)、筋骨格痛(26%)、発疹(24%)、悪心(20%)、そう痒症(20%)でした。CheckMate 141試験において、オプジーボの投与を受けた患者で最も一般的に(10%以上)報告された副作用は、咳嗽および呼吸困難であり、治験医師が選択した治療法群よりも高い発生率でした。Checkmate 275試験において、オプジーボの投与を受けた患者(270例)で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、疲労(46%)、筋骨格痛(30%)、悪心(22%)および食欲減退(22%)でした。
  • 異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ3mg/kgの投与を受けた患者において、最も一般的(5%以上)に報告された副作用は、疲労(41%)、下痢(32%)、そう痒症(31%)、発疹(29%)、大腸炎(8%)でした。

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社について

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、深刻な病気を抱える患者さんを助けるための革新的な医薬品を開発し、提供することを使命とするグローバルなバイオファーマ製薬企業です。ブリストル・マイヤーズ スクイブ社に関する詳細については、BMS.comをご覧くださるか、LinkedInTwitterYouTubeおよびFacebookをご覧ください。

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と小野薬品工業の提携について

2011年、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、小野薬品工業と締結した提携契約により、当時、小野薬品工業がすべての権利を保有していた北米以外の地域のうち、日本、韓国、台湾を除く世界各国におけるオプジーボの開発・商業化に関する権利を獲得しました。2014年7月23日、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と小野薬品工業は、この戦略的提携契約をさらに拡張し、日本、韓国、台湾のがん患者さん向けに複数の免疫療法薬を単剤療法および併用療法として共同開発・商業化することを合意しました。

ブリストル・マイヤーズ スクイブ社の将来予測等に関する記述

本プレスリリースは、医薬品の研究、開発および商業化について、1995年民間有価証券訴訟改正法の趣旨の範疇に含まれる「将来予測に関する記述」を含んでいます。そうした将来予測に関する記述は現在の予想に基づくものであり、遅延、転換または変更を来たす内在的リスクと不確実性を伴っており、実際の成果または業績が現在の予想と大きく異なる結果となる可能性があります。将来予測に関するいかなる記述も保証されるものではありません。特に、オプジーボ単剤療法またはヤーボイとの併用療法が本リリースに記載された適応の承認を受ける保証はありません。本プレスリリースの将来予測に関する記述は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社の事業に影響を与える多くの不確定要素、特にブリストル・マイヤーズ スクイブ社の2016年12月31日に終了した事業年度通期報告書(Form 10-K)、四半期報告書(Form 10-Q)および当期報告書(Form 8-K)にリスク要因として記されている不確定要素と共に評価されるべきです。ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、新たな知見、今後の出来事等に因るか否かを問わず、一切の将来予測等に関する記述について、公に更新する義務を負うものではありません。