ホーム > 関節リウマチとは

関節リウマチとは

関節リウマチは手指や膝など、全身の関節に腫れや痛みが生じて、関節がうまく動かせなくなる病気です。

関節リウマチがどうして起きるのかはまだ解明されていません。

関節リウマチで最も起こりやすい症状が、関節炎(痛みや腫れ)です。通常、この症状は複数の関節に生じます。

関節リウマチは関節の痛みや腫れ、変形などのため、生活の質(QOL)が損なわれる病気です。

関節リウマチでは問診や触診のほかに、血液検査や画像検査などが行われます。

関節炎などの症状をできるだけやわらげ、関節の破壊を阻止することによって患者さんのQOLを向上させることです。

関節を大事にしたり、体調管理に気をつけるなど、日常生活ではいくつかの注意が必要です。

患者さんは激しい痛みや、思うように動けないなど、さまざまな悩みを抱えることが多いと思います。

関節リウマチに関するよくあるご質問をご紹介します。

関節リウマチとはオレンシア®について
医療・福祉制度について
オレンシア®による治療を受けることのできる施設
WEBマンガ おでかけ日和リンク集サイトマップ
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
小野薬品工業株式会社
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 サイト利用条件
小野薬品工業株式会社 ホームページご利用の注意
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 個人情報保護ポリシー
小野薬品工業株式会社 個人情報保護に関する取り組み
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 Webサイト
小野薬品工業株式会社 Webサイト

© Bristol-Myers Squibb Company
© ONO PHARMACEUTICAL CO.,LTD.