ホーム関節リウマチとは > 治療法は?

関節リウマチとは

関節リウマチの治療法は?

関節リウマチの治療目的は関節炎などの症状をできるだけやわらげ、関節の破壊を阻止することによって患者さんのQOL(生活の質)を向上させることです。
治療法には大きく分けて薬物療法、手術療法、理学療法(リハビリテーション)があり、患者さんの症状の程度や進行の度合いによってこれらの治療を組み合わせていきます。

薬物療法

薬物の種類

非ステロイド系
抗炎症薬
(NSAID)
痛みをやわらげる
ステロイド 炎症を抑える
抗リウマチ薬
(DMARD)
・免疫調節薬
・免疫抑制薬
・サイトカイン阻害薬
・T細胞阻害薬
免疫の異常や細胞増殖に対して働き、関節リウマチの進行を抑える
(寛解導入療法)

かつて薬物療法は関節炎による痛みをやわらげるためのものが中心でしたが、現在では痛みをやわらげるだけでなく、関節破壊の進行を予防し、患者さんができるだけ健康な人に近い状態で日常生活を送れるようにするための治療法が中心になっています。

多くの場合、発病初期の段階から抗リウマチ薬(DMARD)による「寛解導入療法」が行われます。
抗リウマチ薬(DMARD)は免疫の異常に対して働く薬剤で、免疫調節薬、免疫抑制薬とともに、最近では、より強力なサイトカイン阻害薬T細胞阻害薬という種類の薬も使用されるようになっています。

そのほか、痛みをやわらげることを目的に、症状に応じて非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)や、ステロイドが使用されます。

手術療法

関節の破壊が進んだ場合、機能を回復させるために手術療法が行われます。ひざや股関節など体重がかかる関節では、人工関節置換手術などが行われることがあります。

またそれ以外にも、

・関節内で異常増殖した滑膜を取り除く手術(滑膜切除術)

・すでに破壊された関節自体を切除して変形を解消する方法(関節切除術)

・手指の腱を再建する手術(再建術)

などが行われる場合もあります。
どのような手術をどのようなタイミングで行うかは、症状の程度や、患者さんによって異なります。詳しくは主治医の先生におたずねください。

理学療法(リハビリテーション)

関節リウマチのために思うように関節を動かせない状態が続くと、関節のまわりの筋肉や、腱などの機能が衰えてきて、薬物療法が上手くいっても関節が十分に動かせない症状が残ることがあります。

このような問題を克服するためにリハビリテーションが行われます。
また、自宅でできる「リウマチ体操」という方法も考案されています。

かといって無理に身体を動かすとかえって病状を悪化させることにもなりかねませんので、詳しくは医師や理学療法士、作業療法士などの医療スタッフに相談してください。

関節リウマチとはオレンシア®について
医療・福祉制度について
オレンシア®による治療を受けることのできる施設
WEBマンガ おでかけ日和リンク集サイトマップ
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
小野薬品工業株式会社
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 サイト利用条件
小野薬品工業株式会社 ホームページご利用の注意
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 個人情報保護ポリシー
小野薬品工業株式会社 個人情報保護に関する取り組み
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社 Webサイト
小野薬品工業株式会社 Webサイト

© Bristol-Myers Squibb Company
© ONO PHARMACEUTICAL CO.,LTD.