熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。 熊本地震により被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ニュースリリース一覧を見る

  9月 12日
オプジーボとヤーボイの併用療法が未治療の進行または転移性腎細胞がんの患者を対象とした第Ⅲ相CheckMate -214 試験で優れた全生存期間および持続的な奏効を示す
  9月 11日
根治切除後の高リスク悪性黒色腫患者を対象とした第Ⅲ相CheckMate -238試験において、オプジーボ®(一般名:ニボルマブ)が、ヤーボイ®(一般名:イピリムマブ)と比較して、 無再発生存期間の優越性を示す
オプジーボ®(一般名:ニボルマブ)の2件の重要な臨床試験において、 治療歴を有する進行期非小細胞肺がん患者の3年生存率のベネフィットが示される
  9月 8日
未治療の進行または転移性腎細胞がん患者を対象にオプジーボとヤーボイの併用療法を評価したCheckMate -214試験において全生存期間のベネフィットが示され、同試験が早期有効中止される
  8月 31日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社、高齢の非弁膜症性心房細動患者を対象に直接経口抗凝固薬の有効性と安全性をワルファリンと比較したリアルワールドの観察解析結果を発表
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社、除細動を受ける非弁膜症性心房細動(NVAF)患者を対象としたエリキュース®(一般名:アピキサバン)の探索的データを発表
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社とファイザー社、特定の高リスク非弁膜症性心房細動患者を対象に、エリキュース®(一般名:アピキサバン)の有効性と安全性をワルファリンと比較評価した、米国保険会社4社のデータベースによるリアルワールドデータの観察解析結果を発表
  8月 29日
ブリストル・マイヤーズ スクイブと第一三共
HER2発現乳がんと膀胱がん患者を対象としたオプジーボ®(ニボルマブ)とDS-8201の併用療法を評価する研究開発提携を発表
  8月 16日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社、未治療の進行または転移性腎細胞がんの中および高リスク患者を対象にオプジーボとヤーボイの併用療法を評価した第Ⅲ相CheckMate -214試験のトップライン結果を発表
  8月 8日
ブリストル・マイヤーズ スクイブ、国立がん研究センターと共同研究契約を締結「SCRUM-Japan」(産学連携全国がんゲノムスクリーニングプロジェクト)に参画