開示対象項目

A 研究費開発費等

研究費開発費には、GCP省令などの公的規制のもとで実施されている臨床試験や、新薬開発の治験および製造販売後臨床試験が含まれ、またGPSP省令、GVP省令などの公的規制のもと実施される副作用・感染症症例報告、製造販売後調査等の費用が含まれます。

【GCP】
Good Clinical Practice 医薬品の臨床試験の実施に関する基準
【GPSP】
Good Post-marketing Surveillance Practice 医薬品の市販後調査の実施に関する基準
【GVP】
Good Vigilance Practice 医薬品、部外品、化粧品及び医療用機器の製造販売後安全管理基準

2015年度 研究開発(PDF・49.7KB)

B 学術研究助成費

当社では、医療の発展に寄与するために、医療関係組織・団体への寄附を行っています。この寄附には、学術研究の振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および医学関連学会等の会合費用の支援としての学会寄附金、学会共催費が含まれます。寄附金は各機関の会計規定等に基づいて受け入れられ、厳格なルールに基づいて運用されています。

2015年度 学術研究助成費総額(PDF・72.5KB)

2015年度 奨学寄附(PDF・145KB)

2015年度 一般寄附(PDF・65.6KB)

2015年度 学会寄附(PDF・181KB)

2015年度 学会共催(PDF・113KB)

奨学寄付:『ブリストル・マイヤーズ スクイブ(株)研究・教育助成』として、弊社のフォーカスエリアである5疾患領域(腫瘍免疫、血液、肝臓、免疫、循環器)における基礎・臨床研究や教育の振興を目的とし、『外部審査員による公募型の研究・教育助成』を開示しております。

C 原稿執筆料等

当社では、医薬品が適正に使用されるため、また医薬品の適正な情報提供活動を行うために、関係医学会での講演会や市民公開講座などにおいて、特定の疾患領域の専門家や医療従事者の方々と契約し、講師としての招聘や、医学関係雑誌への自社医薬品関連の論文執筆依頼を行っています。本開示項目には、講演会での謝礼など医療施設従事者の方々に支払った費用が含まれています。

2015年度 原稿執筆料等総額(PDF・50KB)

2015年度 講師謝金(PDF・1.63MB)

2015年度 原稿執筆料・監修料(PDF・136KB)

2015年度 コンサルティング等業務委託費(PDF・154KB)

D 情報提供関連費

当社では、自社医薬品の適正使用のための情報を提供するために、当社の医薬情報担当者による医療施設での製品説明会や関係する学会での講演会の開催、関連医学雑誌での掲載等を行っています。この情報提供関連費には、これらの活動を行うために使用された費用が含まれています。

2015年度 情報提供(PDF・47.8KB)

E その他の費用

社会的儀礼としての接遇等の費用

2015年度 その他費用(PDF・44.5KB)

  • ※このページのPDFファイルは、ご覧いただくブラウザ環境によって正しく表示できない場合がございます。あらかじめご了承ください。