薬剤関連

分子標的治療薬

がん細胞の増殖に関わっている、特定の蛋白質や酵素を狙い撃ちして、がんの増殖を防ぐ薬剤です。

G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子:granulocyte colony-stimulating factor)

エンドトキシン(細胞内毒素)や炎症などの刺激により、単球、マクロファージ、血管内皮細胞、線維芽細胞などから産生されます。G-CSFは、好中球の産生を促進するとともに、骨髄内(骨髄プール)の好中球を末梢血中に流出させます。

わからないことや気になることがある場合は、医師や看護師、薬剤師に相談しましょう。

ページトップへ