B型肝炎(ウイルス性疾患領域)

B型肝炎とは

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV:Hepatitis B Virus)に感染することにより発症する肝炎です。肝炎になると、肝臓の細胞が破壊され、肝臓がうまく機能しなくなります。
しかし肝臓は、悪い部分が生じても他の部分がその機能を補うことのできる“予備能力”が大変優れているため、重症化するまでなかなか自覚症状があらわれないことが多く、“沈黙の臓器”と呼ばれています。
B型肝炎ウイルス(HBV)は、ウイルスに感染している人の血液、または体液を介して感染します。感染経路は、母子感染、性交渉、ピアスの穴あけや入れ墨などで器具を適切に消毒せず繰り返し使用した場合、注射器を共用し麻薬などを注射した場合などがあります。
成人後の感染では、多くの方は自覚症状がないまま治癒し、一部の人が急性肝炎を発症します。また、急性肝炎を発症した場合、稀に劇症化することがあります。
B型肝炎ウイルス(HBV)に感染しているかどうかは、採血して検査します。また、この検査は、ほとんどの病院や診療所で受けることが可能です。

B型肝炎に関するくすりの情報

B型肝炎に関する
ガイドブックのご紹介