オープンイノベーション

ブリストル・マイヤーズ スクイブは、「深刻な病気を抱える患者さんを助けるための革新的な医薬品を開発し、提供する」ミッションの元、深刻な病気を抱える患者さんのお役に立てるよう歩んでまいります。 このミッションの達成のために、私たちは国内の医薬品シーズについて、創薬の極めて早期の段階から後期段階に至るまで、国内の大学・研究機関、企業の皆様とパートナーシップを結び、革新的な医薬品のグローバル規模の開発を目標に、オープンイノベーションの活動に積極的に取り組んでいます。
さらに、日本法人では独自に国内のアカデミア創薬育成を支援するためのプラットフォームを設けております(詳細については「評価の流れ」をご参照ください)。

対象疾患領域

腫瘍免疫・がん

重点分野

  • 免疫系に直接作用するアプローチ

    ・新規の免疫チェックポイント阻害剤及び共刺激剤

  • 腫瘍固有の免疫標的
  • 腫瘍微小環境を調節する薬剤
  • 免疫チェックポイント阻害剤との相乗効果を示す薬剤
  • 実証された非免疫抑制性の作用機序
  • 検証済みのがんシグナル経路に対する新規アプローチ
  • がん生物学の新しい領域
  • 抗体薬物複合体:アンメットメディカルニーズの高い領域における新規標的及び非臨床・臨床ステージのプログラム

がん領域における臨床提携

  • 外部パートナーと提携し、当社の上市済み薬剤と臨床開発中の薬剤との併用療法を研究
  • アンメットメディカルニーズが高い適応症及び複数の作用機序にわたる提携

対象外:支持療法(ブリストル・マイヤーズ スクイブは、がんの治療に重点的に取り組んでいます)

免疫系疾患

重点分野

  • アンメットメディカルニーズが高い、炎症性関節炎、全身性エリテマトーデス(SLE)・ループス腎炎、炎症性腸疾患(IBD)及びその他の免疫介在性疾患に対する革新的な治療薬候補

対象外:アレルギー及び喘息

心血管系疾患

重点分野

  • 心不全:急性期、急性期後、収縮不全(HFrEF)、拡張不全(HFpEF)、心筋症

対象外:LDLコレステロール低下、HDLコレステロール上昇、抗凝固薬、高血圧

線維症

重点分野

  • 線維芽細胞及び星細胞の活性化を選択的に阻害する、又は抗炎症性マクロファージによる線維化回復を促進する機序
  • TGF-βシグナル経路の組織又は細胞特異的な制御、TGF-βシグナル経路を介した筋線維芽細胞の活性化制御
  • 線維化の回復及び修復が可能な再生機序の制御
  • 細胞外マトリックスの代謝又は上皮細胞保護を促進する機序
  • 疾患病理と相関する、あるいは急速に悪化する患者の特定が可能である、又は治療に応答する可能性が高い患者の特定を可能にする、非侵襲的な診断法及びバイオマーカー
  • 重点とする線維症:非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)における線維症、NASHにおける肝硬変、特発性肺線維症(IPF)、線維性間質性肺炎

遺伝性疾患

評価の流れ

①ご提案 必要事項(非機密情報)を記載の上、メールでご応募ください。
②1次評価 ご応募頂いた非機密情報の書類に基づき、ご研究内容の精査、新規性、実施可能性などを基準に評価致します。評価には3週間程度のお時間を頂きます。
③2次評価 ご研究の詳細を評価させて頂くために面談させて頂きます。 必要に応じて面談前に秘密保持契約を締結させて頂く場合もございます。
④提携 ご研究に沿ったプラットフォームでの提案をさせて頂きます。
  • 日本法人独自の創薬研究支援

    アカデミアの方の早期の創薬ステージのご提案などが将来的に米国本社との共同研究又はライセンシングインに繋がるようにご研究の支援をさせて頂いております。

  • 米国本社との共同研究

    アカデミアの方及び企業の方の後期創薬ステージのご研究など

  • ライセンシングイン

    企業の方が開発中のパイプラインなど

  • ※ブリストル・マイヤーズ スクイブ製品を使用した共同研究のご提案については下記URLよりお申込みください
  • 米国本社ウェブサイト(英語)URL:http://www.bms.com/pages/default.aspx

提案方法

将来的な創薬を目指した共同研究及び新規医薬品シーズに関するご提案をいただけます場合は、下記の必要事項(非機密情報:non-confidential)を記載の上、事務局あてにメールにてご連絡ください。


    【記載項目】

  • ご氏名
  • ご所属
  • ホームページ(任意)
  • ご提案内容
    • 対象疾患領域
    • 研究概要及び非機密情報として開示可能なこれまでの研究成果
    • 秘密保持契約締結後に開示可能な事項
    • 新規性・優位性
    • 知財状況
    • アライアンス状況
    • ご提案の研究において弊社に期待する役割
    • 関連文献(任意)
    • 別途添付資料(任意)

コンタクト

応募又はオープンイノベーションに関するご質問がございましたら下記にお問い合わせください。


FAQ

「提案は英語でなければいけないですか?」

最初にメールでご提案していただく際は日本語又は英語のどちらでも可能ですが、評価の過程で英語資料の作成をお願いする場合がございます。

「研究概要はどの程度詳細に記載すれば良いですか?」

ご研究内容、ご研究の独自性・優位性が、弊社の担当者に十分理解できるようお書きください。
なお、一次選考の書類には、特許出願を予定している知的財産や論文発表前の研究データ等の機密情報は記載しないでください。

「複数の提案をすることは可能ですか?」

可能です。ご研究課題ごとにご提案ください。

「機密情報に基づいて研究概要を記載したいのですが。」

原則として一次選考は非機密情報に基づいて評価を行いますが、機密情報に基づいたご提案をご希望の場合、応募前に事務局(bms-join@bms.com)にご連絡・ご相談ください。

「提案時の個人情報の取り扱いについて」

ご提案時に頂いた個人情報は厳正に取り扱い、弊社のオープンイノベーションの評価、手続き及び事務連絡にのみ使用いたします。オープンイノベーションの評価、手続き及び事務連絡にあたり、米国本社のブリストル・マイヤーズ スクイブおよびその関連会社に弊社が受領した個人情報を提供することがございますので予めご了承ください。その他弊社のプライバシーポリシーをご参照ください。

「研究概要の文字数制限や容量制限はありますか?」

ご研究の概要はA4用紙2枚に収まる程度を目安にご記入ください。また参考資料としてメールに別途添付するファイル容量は合計5MB程度とさせて頂いております。